涙袋の正体は、『眼輪筋』と呼ばれる目の周りの筋肉だと言われています。

別名「ホルモンタンク」と言われ、目の表情を垂れ目にし、目元を優しげに見せてくれる女性的な部分です。

この涙袋がないと
(1) メイクが可愛くできない
(2) 目が小さく見える
(3) すっぴんに自信が持てない

数ヶ月前までのわたしはこんな感じでした。
・毎朝、わざわざ時間をかけて涙袋メイク。
・笑ったときでも、涙袋ができない…
・真顔になると目元がノッペリしすぎ。。

どうしても涙袋が欲しくて、色々頑張ってみた。

ヒアルロン酸入の美容液も試したし、ウインクで涙袋の筋肉を鍛えるトレーニングもやったし、ユーチューバーが紹介している涙袋の体操なんかもコツコツとやってましたが、どれも効果はでなかった。。。

ヒアルロン酸注射も考えたけど、目元って敏感だから痛そうだし、ネットで調べてみると「3ヶ月で元に戻った」とか「入れすぎてダルダルになった。。。」という話もあって怖くてできなかった。整形まではしたくないし。

もう、私には一生、涙袋はできないかな。。。

涙袋が無い原因は?

目の周りの眼輪筋が未発達であることが、涙袋がない主な原因だと言われています。

また、目の下の皮膚が厚いと、眼輪筋がしっかりと発達していてもぷっくりとして見えにくくなってしまうので、涙袋として認識されずにいるという場合もあるようです。

涙袋があると、どう見える?

(1) 目がぱっちり大きく見え、可愛さが増す
(2) 女性らしくやさしげな目元に見える
(3) 潤んだ目で、色っぽく見える
(4) 目元に立体感が出て、若々しく見える
(5) 目元がはっきりとし、表情が魅力的になる

顔の中でも大きなパーツである両目が大きく見えることで、顎から下の部分の面積が小さくなり、小顔効果もあるのは嬉しいポイント♪

涙袋を作るには?

涙袋専用クリームの「ウルミプラス」を使うと魅力的な涙袋ができるようになります。

使い方は簡単で、普段のスキンケア後に、ウルミプラスを適量つけた専用チップで、目の下を優しくマッサージするだけ。

すると、マッサージの刺激によって、目の下にある眼輪筋という筋肉がだんだんと発達し、涙袋を大きくしてくれます。

また、寝る前に使用すると、寝ている間にウルミプラスに配合されているヒアルロン酸が皮膚に浸透し、目の下の皮膚にハリや弾力を与えて、より魅力的な涙袋に仕上がります。

毎日使い続けると、涙袋の筋肉と肌の両方に働きかけることによって、3~4か月後にはふっくらとした涙袋になれると言われています。

※効果には個人差があります。

実際に使った人の口コミでも「目元の印象が変わった」「自然な涙袋ができて、アイメイクにかける時間を短縮できた」など、評価の高い声が見られますから、涙袋の大きさで悩んでいる人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

いまなら初回限定0円で申し込みができる特別割引キャンペーンもやっていますので、お得に試せますよ!

「ウルミプラス」 公式サイトはこちら >>